ひざサポーターの目的別の種類について知っておきたい事とは!

ひざサポーター,おすすめ

ひざに何らかの痛みが発生した際に、使用するのがひざサポーターです。

 

そのため、いざ膝(ひざ)の痛みを緩和するために購入しようとしても、
どの種類のサポーターを購入すべきか迷う人は少なくありません。

 

というのも一言で、ひざサポーターと言っても、緩和する目的により使い分ける必要があるのです。

 

ひざが痛む理由は大きく分けて2つ

ひざサポーター,おすすめ

そもそもひざの痛みというのは、ひざを支える4本の靭帯が何らかの事情により、弱ってしまった際に起きてしまいます。
(参考:「ひざの構造はどうなっているの?」)
なので膝サポーターで弱った靭帯を補助する事により、痛みを緩和する事が可能です。

 

そして靭帯が弱ってしまう理由は大きく分けて2つあります。
ひざサポーターは、目的別の種類により使い分ける必要があります。

 

冷えからくる膝痛には「保温サポーター」

ひざサポーター,おすすめ

ひざが痛み出す理由の1つとして挙げられるのが、冷えです。

 

というのもひざの周囲というのは元々血管が少ない場所であり、血液の循環が悪いので冷え易い場所と言えます。そのためひざが冷えてしまう事で、靭帯が弱り、痛みとなってしまうケースがあるのです。

 

なのでひざサポーターで、保温する事でひざの冷えを抑えるだけでなく、血流を良くする事が出来ます。その結果、痛みも緩和されるので、冷えによる痛みの場合は、保温性の優れたひざサポーターを選ぶ必要があるのです。

 

ケガや加齢による筋力低下による膝痛は「支柱付きのひざサポーター」

ひざサポーター,おすすめ

ひざに痛みが生じるもう1つの理由は、靭帯がダメージを負ってしまったケースや加齢による筋力低下が原因だったりします。

 

この場合は、ひざを固定する事により、衝撃を緩和して、痛みを和らげる事が可能なひざサポーターを選ぶ必要があるのです。
なので、ひざを固定するための金具が入った、支柱付きのひざサポーターを選ぶ必要があります。

 

スポーツや事故でケガをされてしまった人は、ひざ自体を安定させるために必要なものです。
ケガのリハビリなどにも利用されます。

 

また、ハードタイプソフトタイプの2種類あります。
しっかりと固定しなければいけない場合はハードタイプを。
ひざ全体をサポートして、曲げたり伸ばしたりは自由にしたい場合はソフトタイプを選びます。

ひざサポーターでひざ痛改善するには痛みの原因により対処法を変える必要がある!

ひざサポーター,おすすめ

ひざに痛みが生じる際には、ひざサポーターを使用する事でひざ痛改善を施す人が多いです。

 

ですがいざひざサポーターを選ぶ際に、どのサポーターを選んで良いのか分からないという人も、少なくありません。
というのも一言で、ひざ痛と言っても、痛みの原因には違いがあり、その原因により対処法も変える必要があるのです。

 

ちなみにひざ痛が生じる基本的な理由は、ひざを支える役目をしている4本の靭帯が何らかの理由によって、弱ってしまう事だったりします。

 

しかもこの靭帯が弱ってしまう原因というのは大きく分けて2つあります。ひざ痛改善のためにひざサポーターを対処法として用いる際には、その原因に合うサポーターを用いる必要があるのです。

 

逆に痛みの原因に合わないひざサポーターを使用しても、ひざ痛改善効果をきちんと得られなかったりします。

 

ひざ痛改善するためには?原因と対処法

冷えによるひざ痛

ひざサポーター,おすすめ

ひざの痛みが起こる原因としてまず考えられるのは、冷えです。

 

というのもひざの周囲は元から、血管の少ない部位であり、血液の循環が悪いので冷えが起こり易い場所となっています。

 

そのためひざが冷えてしまう事で、靭帯の働きが鈍り、それがひざの痛みを生み出してしまうのです。
だからこそ、保温性の高いひざサポーターを使用する事で、冷えを防止し血流を良くして、靭帯の働きを改善する事が出来ます。

 

加齢による筋力低下によるひざ痛

ひざサポーター,おすすめ

ひざ痛が起きるもう1つの原因としては、加齢による筋力低下が考えられます。

 

そのため、ひざを固定する事で靭帯へのダメージを緩和して、ひざ痛改善効果を得る事が可能です。
そのため靭帯のダメージによるひざ痛の対処法としては、ひざを固定するための金具が付属された支柱付きのひざサポーターを選ぶ事です

 

またひざを痛めている時に無理に歩かないようにしましょう。
ひざを傷めないようにするには日頃から筋力を鍛えることも大切です。

 

 

ひざサポーターのメリット・デメリットは比較して選ぶ!

ひざサポーター,おすすめ

ひざサポーターと一言で言っても、保温する事によって痛みを緩和するタイプや固定する事によって膝を支えるタイプなど目的や用途によって2種類に分類されています。

 

ただどちらも痛みを緩和する事ができるのでどちらを選べばいいのか分からないという人の場合、まずはサポーターを付ける理由や目的から把握する必要があります。

 

また、それ以外にもそれぞれのひざサポーターの特徴とメリットやデメリットを検討して比較するという必要もあります。

 

「保温ひざサポーター」のメリット・デメリット

ひざサポーター,おすすめ

まず保温するタイプのひざサポーターのメリットとしては温める事で痛みを緩和する事ができるので手軽なところです。
付け外しが簡単なものや丸洗いができるものなど管理がしやすいものが多いというところが最大のメリットです。値段も手ごろなものが多いので、まずはこのタイプから始めてみるという人も多いようです。

 

ただしデメリットとしてはあくまでも保温がメインとなっているので温める事で和らぐ痛みには効果的なのですが、それ以上の痛みがあるという人の場合はあまり効果が実感できないという事が多いとされています。

 

「支柱付きひざサポーター」のメリット・デメリット

ひざサポーター,おすすめ

では支持柱が付いているタイプのひざサポーターの場合はどうなのかと言うと、何と言ってもしっかり膝を保持する事ができるので膝ががくんとなってしまうという人にとっては相性がいいサポーターになっています。

 

そのため膝の安定力が増しますし踏ん張りも効きやすく、膝にかかる負担を軽減してくれるというメリットが魅力です。

 

デメリットとしては保温タイプと比較すると丸洗いできなかったり、付け外しが面倒くさいなど管理しにくい部分があります。
またシンプルなサポータータイプと比べると、多少値段が高くなるので、
本格的に膝の痛みを緩和したいという状態になって、はじめて手に取るものかもしれません。


ひざサポーターは1日中つけると逆効果?つけるタイミングは?

ひざサポーター,おすすめ

ひざサポーターはひざの筋肉をアシストしてくれたり痛みの緩和・保温してくれます。
そのため、ひざサポーターを利用する人も多くなっています。

 

でも実はつけるタイミングを間違えると逆効果になりやすいというということはあまり知られていない事実のようです。

ひざサポーター1日中つけてはいけない理由

例えば痛みが和らぐからといって1日中つけてしまっているという人も珍しくありません。
そうすると膝の筋肉が衰えてしまうので逆に膝が弱くなってしまうのです。

 

しかも膝の筋力が落ちるのは意外とあっという間です。
特に高齢者がサポーターを1日中つけてしまうとサポーターなしでは
歩けなくなってしまうつけていても歩けなくなってしまうという可能性もあるのです。

 

ひざサポーターの正しいつけるタイミングとは?

ひざサポーター,おすすめ

ではひざサポーターをつけるタイミングとしてはいつがいいのでしょうか。

 

例えばスポーツ目的の場合は当然スポーツをしている間だけでいいですしどうしても痛みが酷い時や長時間歩く時などの場合はその時だけつけるようにするということがおすすめされています。

 

特にバンドで固定するタイプの場合は長時間付けてしまうと血行不良になってしまうことがあるので、時々緩めたり外したりしながら調整する必要があります。

 

ただし例外もあって、例えば保温するタイプなどの場合は条件を満たしていれば1日中つけていても問題ないとされています。
条件としてはまず下記が挙げられています。

  • きつすぎない事
  • 折り返して使用しないこと
  • 通気性が良いもの
  • 夜間は外す事

ひざサポーターの選び方とサイズ選びのコツ

ひざサポーター,おすすめ

ひざサポーターで店頭でのサイズ選びで迷われる方も多いと思います。
基本的に、冷えからくる原因でひざサポーターを利用する人は、きつすぎないものを選んでください。
きつくてひざを締め過ぎると血流がわるくなって逆効果です。

 

また、ひざを固定する目的でひざサポーターを利用する人は、逆に自分にピッタリのサイズを選んでください。
ただし、そのまま一日中つけっぱなしにすることはいけません。

 

他に、選び方のコツとしては半月板損傷などで手術を経験した方は、
水がたまりやすくなって少し膨らんでいる状態ですのでSサイズの方はMサイズを選ぶなどしたほうがいいです。

 

ひざサポーターどこで買えるの?値段は?

ひざサポーター,おすすめ

今では夏でも使いやすいようにメッシュ入りのサポーターもドラッグストアなどで安価なもので1500円ほどで購入することができます。
また冬用では遠赤効果のあるサポーターがあるので冷え性でお困りの方はそちらも使うのがおすすめです。

 

100円ショップでもサポーターを買うことはできますが基本的にサイズがあったとしてもすぐぶかぶかになってしまいあまりお勧めできません。

 

またドラッグストアなどで買うとスマホなどでクーポン券で割引でお得に買えることもあります。
さらに様々なメーカーのものが並んでおいてあるので値段を見比べて購入できます。

 

医療メーカーやスポーツメーカーのものはおすすめ

支柱付きひざサポーターは、やはり医療メーカーやスポーツメーカーのものがよいとされています。
値段も手頃なものも出ていますので、メーカー別に比較してみて決めるのがいいと思います。

 

歳をとって体力不足を感じ取っていざウォーキングを楽しもうと思ってもひざの故障であきらめるよりも、
こういうサポーターを使えば上手に体力維持も可能です。
例えば、ミズノとサントリーが共同開発した「ひざ道楽」機能性使いやすさでおすすめとなっています。

ひざ動楽(サントリー)

ひざ動楽ひざ動楽

 機能性と使いやすさで作られた『歩行快適サポーター』
 【サントリー健康科学研究所】【ミズノ】共同企画商品
 ひざのぐらつきを抑制し、筋肉を支えて、脚力を強化する!
 ◆衝撃筋肉の衰え、ぐらつきからひざを「サポートする力」
 ◆快適な使い心地を維持する「動きやすさ」

【ひざ動楽】

 

 

おすすめのひざサポーターは?値段や購入方法も気になる!

ひざサポーター,おすすめ
膝に慢性的な痛みを抱えているという人におすすめされているのがひざサポーターです。
では

  • どのようなものを購入すればいいのか?
  • 値段はどの程度が相場なのか?

など気になる部分がいくつかありますよね。
初めてひざサポーターをされるという方の疑問にお答えします。

 

ひざサポーターの賢い選び方とは!

ひざサポーター,おすすめ

選び方のポイントとしては、まずどのような理由でひざサポーターが欲しいのかを把握するところから始めます。つまりはどのような症状があるのかということです。

 

例えば一時的に膝の痛みや温めると楽になるという人の場合は伸縮性があって動きやすいタイプの保温効果のあるサポーターがおすすめです。

 

一方、膝の力が抜けてしまったりスポーツをするという場合は支持柱が入っているものを使った方が膝をしっかり固定する事ができます。

 

このようにどのような目的で利用するのかによってまず購入するサポーターの種類が違ってくるので、しっかり目的を把握しておく必要があります。

 

気になるひざサポーターの値段は?

ひざサポーター,おすすめ

では値段としてはどの程度になっているのでしょう。

 

まず保温効果のあるものの場合は最近は100円均一などでも販売されています。
手ごろな値段で購入できるのですが、できる限り1000円以上のものを購入する事が生地もしっかりしているのでおすすめされています。

 

支持柱つきのものの場合は値段に関してはピンきりなのですが、やはり医療用品関連のメーカーのものを購入する方が安心しやすいとされているようです。

 

ひざサポーター購入方法!どこで買えるの?

ひざサポーター,おすすめ

気軽に購入したい場合はホームセンターやドラッグストアがあります。
しっかりしたものを利用したいのであれば接骨院整骨院・整形外科でオーダーで作るという手もあります。

 

インターネットで購入する場合はサイズ選びが難しくなります。
事前に、返品・交換できるか確認しておきましょう。

 

その点、信頼のおけるメーカーであるミズノサントリーが共同開発した「ひざ道楽」は、
機能性使いやすさでおすすめとなっています。

ひざ動楽(サントリー)

ひざ動楽ひざ動楽

 機能性と使いやすさで作られた『歩行快適サポーター』
 【サントリー健康科学研究所】【ミズノ】共同企画商品
 ひざのぐらつきを抑制し、筋肉を支えて、脚力を強化する!
 ◆衝撃筋肉の衰え、ぐらつきからひざを「サポートする力」
 ◆快適な使い心地を維持する「動きやすさ」

【ひざ動楽】

 

「ひざの痛みに困っている人必見|本当におすすめのひざサポーター」関連情報